30代介護職から異業種への脱出を成功させるポイントと注意点

30代介護職から異業種へ転職

30代から介護職を辞めて、異業種へ転職する人にはどんな理由があるのでしょうか。

人間関係やストレス、収入に関してなど、転職することで解決できる介護職の不満や問題から、異業種に転職することのメリットやデメリット、おすすめの業種や年収について、お伝えしていきます。

介護職を辞めて転職する理由

介護関係の仕事を辞めた理由

人間関係結婚・出産施設・事業所他の仕事
があった
将来が
見込めない
20.0%18.3%17.8%16.3%15.6%
収入が
少ない
資格を
取った
人員整理向かない
仕事だった
家族の介護
15.0%11.5%7.2%6.0%4.6%

出典 介護労働安定センター

介護職を辞めた理由の第1位は「人間関係」がもっとも多い結果となりました。2番目は「結婚・育児」、3番目が「施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があった」になります。 このことから、従業員や施設・事業所への不満が多いことがわかります。

では、30代介護職員が介護を辞めて転職しようと思った理由をみていきましょう。

給与面の不安

30代は結婚・出産で家族が増えたり、マイホームの取得やこどもの教育など将来設計について考え始める年代です。

介護職は資格取得や夜勤によって手当を増やしたり、勤続年数が長くなれば多少給与は上がりますが、他の産業に比べてもともとの給与水準が低いので、給与面に関する将来的な不安感から、転職を考える人も多いようです。

ライフステージの変化

特に女性の場合30代になるころ、結婚によって転居したり、出産や育児を経て家族中心の生活になることが多く、夜勤をこなすなど独身と同じように勤務するのはなかなか難しくなります。

また、勤務時間も長いため、育児や家事をしながら勤務し続けることも大変になり、より短時間のパート・アルバイトや、土日に決まった休みが取れる仕事へ転職することになります。

人間関係

どの年代にも多い介護職の転職理由が「人間関係」です。

女性ばかりの職場で職員の年代差も大きく、感覚や価値観の違いから些細なことで行き違いが起きたり、職場のストレスを他の人にぶつける職員がいるなど、いじめやパワハラまがいのことも介護職には多いと言われています。

また職員同士の人間関係以外にも、利用者やその家族との関係にも気を使わなければならず、そうした精神的なストレスも他業種への転職理由にあげられます。

体力的な辛さ

60代の職員もいる介護職では30代は若いほうですが、体力的にハードな介護では、腰やひざなどに負担がかかり、若くてもからだを壊してしまう人はいます。

「まだ若いから」と体力の要る仕事を任されたり、無理を重ねることで、仕事を続けられなくなることも。

30代で介護職から転職するメリット

年収のアップ

年収アップは、それを目的に介護職から転職する人も多い大きなメリットのひとつです。

全産業のなかでも年収が低めの介護職員は、年齢が高くなっても昇給の幅はそれほど大きくないので、
30代のうちの転職で、この先の昇給や賞与額も期待でき年収アップを実現できます。

休日やプライベートの充実

夜勤があり24時間対応しなければならない施設の介護職では、勤務時間も長く人手不足の職場が多いので、有給休暇もほとんど取れない現状があり、そのことは介護職員の大きな不満になっています。

他の業種や一般の会社では、有給休暇取得や残業を減らす取り組みをしている職場も多く、必要な休暇を取得でき勤務時間後も自分の時間を確保できることから、プライベートや休日を充実させられるのがメリットです。

ストレスが減った

介護職では人間関係の難しさに加えて、精神的なストレスも多くあります。

例えば、夜勤ではひとりで何人もの利用者を見守らなければならず、事故やケガが無いようにたえずプレッシャーを感じながら仕事をこなし、時には利用者の看取りを行うこともあります。

そのような精神的ストレスから解放されることは、転職の大きなメリットのひとつです。

規則正しい生活ができる

夜勤や長時間勤務など、不規則になりがちな介護職と異なり、ほかの業種のほとんどでは、朝出勤し夕方帰宅するという規則正しい生活を送ることが可能です。

30代だと子どもがまだ小さいことも多く、家族で過ごす時間を大切にしたい人にとっては、家族の生活リズムに合わせた勤務ができることはメリットといえるでしょう。

30代で介護職から転職するデメリット

収入が下がる場合がある

介護職の給与は安いと言われていますが、介護職員として数年間は勤務していた30代の場合、新人の若い職員よりは、手当額等を含むとある程度の給与はもらえていたはずです。

しかし転職した場合、他の業種では未経験の新人ということになるので、場合によって前職よりも収入が下がる可能性もあります。

昇給やボーナス等によって、将来的には介護職よりも良い収入になるとしても、初めのうちの収入減には、ある程度心構えをしておくことが必要でしょう。

技術や資格が無駄になる

未経験の業種に転職したら、他の若い社員とともに、新たな仕事に関する知識や技術、ビジネスマナーなど、知らないことを学び身につける必要があります。

これまで仕事を通して身につけた介護技術や、介護福祉士などの上級資格でも介護に関する資格は、ほかの業種では役立たないことがほとんどで、無駄になってしまうのがデメリットです。

望む職種があるかはわからない

自分にやりたい仕事があったとしても、30代の転職求人では、即戦力になる経験者を対象にしているものが多く、未経験では応募もできないこともあります。

未経験でも可の求人から、自分に合ったやりたい仕事を見つけられれば理想的ですが、内容や条件などある程度は妥協しなければいけないことも頭に置いておきましょう。

30代が介護職から転職を成功させる5つのポイント

30代介護職が転職を成功させるポイント

詳細な自己分析

30代はまだまだ若く、これから成長や活躍を期待される年代でもあり、その分即戦力として働くことが求められます。

未経験の業種であっても、できるだけ自分の適性に近い業種であれば、その期待に応えられる可能性も高まるので、自分がどんなスキルや適性を持っているのか、詳しい自己分析をしてみることが転職成功につながります。

資格や適性を生かせる職種

介護資格をほかの業種で役立てることは難しいですが、介護職の中でも人とのコミュニケーションや、人をまとめるマネジメント力、書類作成のパソコンスキルなど、得意と思える分野があったはずなので、その点から仕事を探してみても良いでしょう。

コミュニケーションが得意なら接客や営業の仕事、パソコンが得意だったり資格があれば事務系の仕事、グループリーダーの経験などがあり人をまとめることが得意なら、サービス業等でリーダーや店長候補といった募集もあります。

希望条件の整理

せっかく転職するのですから、前職よりも良い条件で、と考えるのは当然です。

しかし、条件のすべてを満たす会社は現実的には難しいので、業種や給与、勤務時間、休日など自分が希望する条件について、どの条件を最優先したいのか整理しておきます。

ある程度妥協できる点、譲れない点を明確にし、条件に順位をつけておくと、仕事を選びやすくなります。

転職までのスケジュール管理

働きながらの転職活動では特に、時間を有効に使うためにもスケジュールを立てましょう。退職日から考えて、応募や面接の予定、現職での引継ぎや手続きなどを、最大いつまでに行うか予定を立てておくとスムーズです。

スマホアプリなどで管理すると、電話やメールを受けたらすぐにスケジュールをメモすることができますし、手帳のように書き直すこともないので見やすく便利です。

転職エージェントやサイトの利用

在職しながらより効率的に転職活動をするには、転職エージェントや転職サイトを利用することも検討しましょう。

転職サイトでは、会員登録をし希望の職種や条件を入力すると、それに合った求人を見つけることができ、会社の紹介文や写真などから社風や雰囲気もある程度掴むことができます。

また転職エージェントの利用では、キャリアアドバイザーのサポートがあり、自分に合った応募先選びや面接マナーなどについて、適切なアドバイスを受けることができるので、異業種への転職に不安を感じている人には心強いでしょう。

30代が介護職から転職する際の3つの注意点

30代が介護職から転職する注意点

転職時期を見極める

中途採用も含めて一般企業からの求人が増えるのは、欠員の補充や新規事業のスタートが時期的に多いことから、1~3月または9~10月頃といわれています。

この時期の転職は応募の選択肢が増えますが、その分応募者も多く競争が激しい傾向があります。また「35歳以下」など募集条件で挙げられる区切りの年齢や、年齢が変わる自分の誕生日なども考慮して、転職のタイミングを見極めて活動を始めましょう。

転職活動は在職中に

面接に行ったり就職説明会に参加するなど、熱心に転職活動し多数の応募をすればするほど交通費も案外かさみますし、介護職の時には必要なかったビジネススーツや靴、カバンなどを揃える必要もあるので、転職前に退職してしまうと何かと経済的な不安が生じます。

十分に気持ちに余裕を持って活動するためにも、転職活動は在職中に始めるのが基本です。

ビジネスマナーを知っておく

高齢の利用者に対する対応が中心の介護職では、丁寧で優しい対応は求められたはずですが、一般的なビジネスマナーが求められることは、ほとんどの場面で無かったはずです。

しかし30代に対して企業側は、ある程度社会経験があると認識し、ビジネスマナーや一般常識も当然身についていると考えます。

面接時の立ち居振る舞いなど、20代では大目に見られることも、30代ではデメリットになる可能性もあるので、転職活動に入る前に履歴書の書き方や面接の際の基本的なマナーについては、よく学んでおきましょう。

退職できずに困ってるなら「退職代行サービス」

退職代行サービスとは、退職できない方の代わり会社へ話をしてくれるサービスで、退職の話を切り出せずに困っている、引き止められると断れなくなってしまうなど、退職ができず悩んでいる方へおすすめです。

退職代行サービスを利用することで退職できた方も年々増えてきていますが、サービス会社選びは非常に重要です。多くのサービス会社では、約3万円~5万円程度の料金(費用)ですが、追加料金やオプションで別に料金が発生することもあります。料金やサービス内容、成功率などいくつかの会社を比較しておきましょう。

退職代行業者に依頼

「退職代行Jobs」は、追加料金が一切かからず成功率も高いので、利用しやすい代行サービスでしょう。メールや電話で、年中無休・24時間対応で問い合わせや相談も受け付けています。即日退職や、会社に出社せずに郵送で手続きを行い退職することもできるのでおすすめです。

職業に関係なく料金は一律29,800円(税込み)のみで、各種クレジットカードが利用できます。退職の成功率はとても高いですが、万が一退職できなかった場合には全額返金保証があり、退職後には人材紹介会社と提携しているので無料転職サポートも用意されています。退職に必要な連絡も、回数に関係なく無料対応してくれますので安心でしょう。

  • 顧問弁護士監修
  • 料金29,800円(税込)
  • 電話・LINE・メール無料相談
  • 即日退職可能
  • 全額返金保証付き
退職代行Jobsはこちら

弁護士に依頼

「契約期間中に退職はできる?」「残業代の請求は難しい?」「有給休暇を消化してから辞めたい」など、一人ではどうしていいかわからない方は弁護士に依頼してみましょう。交渉や話し合いがこじれることで、負担は増えてしまいます。

会社へ出社することなく退職の意思を伝えてもらえますし、退職届の提出代理や交渉・手続きなども本人に代わって直接対応してくれるので安心です。

交渉や手続きなど直接対応してもらえるぶん料金は高くなってしまいます。ですが会社との話し合いがうまくいかなかった場合など、弁護士に頼むことになる可能性があるのなら、初めに弁護士に相談してみましょう。

汐留パートナーズ法律事務所

  • 料金54,000円(税込)
  • 電話・LINE・メール無料相談
  • 即日退職可能
  • 未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
  • 成功報酬 経済的利益の20%
弁護士に退職代行を依頼する

おわりに

体力も気力もあり、今後新しい職場でキャリアを積める余地も十分にある30代は、これまでの方向を転換して新しい人生を歩むには適した年代かもしれません。

介護職の経験では、コミュニケーション能力や粘り強く仕事に取り組む姿勢なども身についていることでしょう。
家族や自分の将来のためにも、今回の記事を参考にして自分に合った仕事を見つけ、新たな道を歩み始めていただけたらと思います。

▼元・介護職員が選んだ人気の異業種がわかる!
介護職を辞めたい方、必見!おすすめ異業種15選

人気の異業種がすぐわかる!
介護より待遇の良い職場が見つかる!
年収が1.5倍以上増える!
決まった休日が取れる!
ストレスから解放される!
人間関係の良い職場に転職できる!
将来性のある職場が見つかる!
自分の条件に合った職場がある!

転職マニュアル・ノウハウ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
介護の123
タイトルとURLをコピーしました