40代からの介護への転職を成功させる4つのポイントとメリットとは

40代介護転職

男女ともにまだまだ働き盛りの40代での転職を考えた時、介護職を選択肢に加える人は多いでしょう。

一般職では40代未経験者の求人は少なく、年齢的にほとんどが経験やスキルを求められますが、人手不足の介護業界では求人が多く30~40代は一番多く働いている年代でもあります。

40代未経験で介護職に転職する、メリットとデメリット、転職時に注意したいポイントについてみていきたいと思います。

40代介護職員の労働現状

40代男女別の就業率

介護・福祉分野で働く、サービス提供責任者、看護職員、ケアマネジャー、生活相談員・支援相談員、PT、OT、ST等、管理栄養士・栄養士、福祉用具専門相談員、介護職員、訪問介護員の9職種の職員合計のうち、40代の就業率は男性で18.7%、女性で25%と、40代から男性よりも女性のほうが少し多くなっています。

介護職男女別の就業率

 20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60歳以上
男性24.5%34.8%18.7%10.7%8.6%
女性9.7%17.9%25%25.6%19%

出典 介護労働安定センター

40代職種別の就業率

40代男女の就業率を特に介護職員と訪問介護員についてみると、介護職員では22.4%、訪問介護員では22.9%でした。

介護職員の各年代別での就業率では一番多い30代についで、40代は2番目に多く、訪問介護員では3番目に多い結果となっています。

介護職業別の就業率

 20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60歳以上
介護職員19.0%24.0%22.4%19.7%12.0%
訪問介護員4.4%11.5%22.9%27.5%31.6%

出典 介護労働安定センター

40代が介護職で働くメリット

正社員での転職が可能

40代で未経験の場合、ほかの職種では正社員としての採用は難しく、ほぼ無いといってもいいのですが、介護職の場合は長く安心して勤務できる正社員での採用があることがメリットです。

特に、未経験でも資格を持っている場合は、正社員として雇用されるケースが多いので、可能ならば基本の「介護職員初任者研修」資格だけでも持っていると、転職に有利になるでしょう。

条件を問わない

30代までは多い求人も、40代になると急に数が減ってきます。その中でも介護職は年齢や性別を問わず求人が豊富で、40代は介護職員のなかでは若いことから、歓迎される年代でもあります。

また職歴が重視されることもあまりないので、長く仕事から離れていた主婦や、前職を病気等で休職していたという人も、転職しやすい職種です。

日・祝休める職場も

介護職のうち入居型などでは24時間対応のため、勤務は交替制、休日もおもに平日を含むシフト制になりますが、同じ介護職でもデイサービスなど日曜や祝日が休み、という職場もあります。

40代がパートやアルバイトで働く場合サービス業などが多く、日曜に休める職場は少ないので、家庭のある女性にとっては、家族に合わせた休みがあるのがメリットといえるでしょう。

職場に溶け込みやすい

下は10代20代から、上は60代以上まで広い年代の職員が働く介護職ですが、中間層の40代はある程度社会経験もあり、親戚やご近所間の付き合いにも慣れていることから、どの年代の人とも上手に付き合えることが多いので、職場になじみやすいでしょう。

また、施設を利用する高齢者にとっても若すぎる職員よりは親しみやすく、話が通じやすいと感じてもらえることが多いのも40代のメリットです。

40代が介護職で働くデメリット

収入減の可能性も

経験を生かした転職なら、前職での給与を考慮してもらえることが多いですが、未経験では年代を問わず一番低い基本給からスタートします。

なかでも介護職は他の業種に比べて賃金が低く、資格手当や夜勤手当の額でひと月の給与額をなんとか一般的な水準まで押し上げているところがあります。 未経験・無資格の転職では、手当額には期待できないので、前職よりも収入減になることが多いのがデメリットです。

夜勤がある

施設での介護職は、月に数回は夜勤もあります。 多くは昼夜交替制での勤務なので、慣れるまではからだが辛く感じたり、ある程度慣れてからも体調管理に気を配ることが大事です。

また家庭がある人なら、夜勤で留守にしている間や、夜勤明けの自宅での過ごし方に、家族の協力は欠かせません。

体力的に負担が大きい

介護職では入浴や排せつの介助、ベッドや車いすへの移乗などで、利用者を抱えて支えるなどの身体介護も多く、職員にとっては体力的にハードな仕事です。

40代になると体力の衰えを感じることも多くなりますが、不安を持ったまま無理に仕事を続けることで、足腰を痛めたりからだを壊してしまう場合もあります。

40代未経験で介護転職を成功させる4つのポイント

ポイント

資格取得しておく

転職成功のいちばんのポイントは、介護職の基本となる「介護職員初任者研修」資格を取得しておくことです。 資格を持っていることで採用される確率も上がりますし、未経験であっても有資格者では無資格者に比べて給与額も高くなります。

介護職員初任者研修資格は、130時間の講習受講が必要で、通常3か月ほどかかるのですが、スクールによってはひと月程度で受講できるカリキュラムを組んでいるところもあります。

また、雇用保険の受給が終了した人、雇用保険を受給できない人が該当するハローワークの求職者支援制度を使うと、教材代等自己負担は多少かかりますが講習は無料で受講することも可能です。

介護の仕事内容を理解する

介護職員はどこに勤めても同じ業務というわけではなく、施設の種類により行う業務や求められるスキルにも違いがあります。

入居型か訪問型や通所型か、あるいは利用者・入居者の介護度によっても、業務内容にはさまざまな特徴があるので、転職先を選ぶ前に介護施設の種類や仕事内容については知っ ておくようにします。

自分に合った職場を選択する

介護は人と関わる仕事なので、コミュニケーション力が欠かせないのはどの職場も同じですが、訪問介護はひとりで業務を行うことが多いですし、施設での介護は他の職員や異なる職種の人とチームで仕事をすることが多いなど、施設や事業所の種類によって働きかたにも特徴があります。

どんなタイプの施設なら自分に向いているか、合った職場を選択することが転職成功の秘訣です。

ライフスタイルに合わせた勤務

転職する目的や生活に合った働き方を選ぶこともポイントになります。

将来は管理者等を目指しているなら正社員としてフルタイムで、家庭や子どもを優先して働くなら日勤のみの勤務や短時間のパートなど、少ない日数で稼ぎたいなら夜勤だけの夜勤専従という働き方もあります。

どんな目的でどのように働きたいのかを考えて、勤務形態を選ぶようにすると失敗がないでしょう。

40代未経験で介護に転職する3つの注意点

注意点

スキルアップが可能か

40代で正社員での転職を希望しているなら、将来的に介護職でスキルアップしていくことを考えている人も多いでしょう。

その場合、どのような条件で昇格・昇給していけるのか制度が明確になっていることや、資格取得の支援があるかなどの要件にも注意しましょう。 転職後、目標を持って勤められるかは、長く勤務するためにも大事な点です。

事業内容や運営方針

介護施設や事業所の運営は、民間を含め多くの会社や団体が参入しています。 中には介護事業に参入して間もない会社もあり、そうした会社の中には運営方針や経営状態が定まらず、転職した後に体制や条件が変わってしまうこともあります。

安心して勤めるためにも、雇用条件の他に、どのような会社がいつからどんな方針で運営しているのかも確認してみましょう。

自分に適性や目的があるか

自分がどうして介護職を選ぶのか、また適性があるかを再度考えてみましょう。

介護職は排せつの介助などもありますし、時には看取りを行うこともあります。 求人が多く就職しやすそうだから、というのも転職に介護職を選ぶ十分な理由ですが、それだけでは働き始めてから「こんな仕事は自分に向いていない」とすぐに辞めてしまうことになるでしょう。

人と接する仕事が好き、役に立つ仕事がしたい、介護を学びたいなど、自分が介護職に向いていると感じたり、介護職をする目的があることは、いちばん大事な点といえます。

介護職の資格の種類

介護職の代表的な3つの資格をご紹介します。

  • 介護職員初任者研修
    介護職の基本になる資格で未経験・無資格で介護職を始めたら最初に目指すのがこの資格です。この資格を持つことで、無資格ではできなかった身体介護を行えるようになります
  • 実務者研修
    介護初任者研修の一つ上の資格です。この資格を持つことでサービス提供責任者として働くことができます
  • 介護福祉士
    上位資格であるこの資格は、介護職の中では唯一の国家資格となっています

そのほか介護の資格はまだまだたくさんありますのでご覧ください。

介護職の施設の種類

介護の施設・事業所には次のようなものがあります。

介護の仕事は職場によってそれぞれメリット・デメリットがありますので、仕事内容や一日の流れ、給料などをチェックしてみましょう。

介護施設一覧
高齢者施設特別養護老人ホーム(特養)
介護老人保健施設(老健)
・介護療養型医療施設
サービス付き高齢者向け住宅
介護付有料老人ホーム
認知症対応型グループホーム
通所型事業所デイサービス(通所介護)
小規模多機能型居宅介護
訪問介護事業所訪問介護
障害者施設障害者施設

おわりに

年齢を経て未経験の職場に転職するのは勇気が要りますし、介護は大変な仕事とも言われますが、目的を持って取り組むことで介護職ならではのやりがいを見出すこともできるでしょう。

これまでの社会経験を生かして利用者の皆さんと向き合い、さらなるスキルアップを目指していただきたいと思います。

▼転職エージェントに無料相談でホワイト企業に転職できる!
必見!介護・福祉業界で転職をお考えの方

求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い!
人間関係の良い職場へ転職できる!
相談から転職まで利用は全て無料!
さらに無料で資格取得もできる!
未経験・無資格でも働ける職場が見つかる!
自分の条件に合った職場に就ける!

▼元・介護職員が選んだ人気の異業種がわかる!
介護職を辞めたい方、必見!おすすめ異業種15選

人気の異業種がすぐわかる!
介護より待遇の良い職場が見つかる!
年収が1.5倍以上増える!
決まった休日が取れる!
ストレスから解放される!
人間関係の良い職場に転職できる!
将来性のある職場が見つかる!
自分の条件に合った職場がある!

転職マニュアル・ノウハウ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
介護の123
タイトルとURLをコピーしました