60代から介護職に転職するメリットと4つの成功ポイント

60代介護転職

未経験でも就労しやすい介護職は、定年を迎えた60代が再就職先に選ぶケースも増えています。

国の平成29年の「働き方改革実行計画」では、高年齢者の雇用確保のための環境整備の必要性が挙げられていますし、介護の慢性的な人手不足を補う高齢者の雇用については、すでに行われている取り組みもあります。

そんな介護職に、未経験の60代が転職する場合のポイントやメリット・デメリットについて調べてみました。

60代介護職員の労働現状

60代男女別の就業率

介護・福祉分野で働く、サービス提供責任者、看護職員、ケアマネジャー、生活相談員・支援相談員、PT、OT、ST等、管理栄養士・栄養士、福祉用具専門相談員、介護職員、訪問介護員の9職種の職員合計のうち、60代の就業率は男性で8.6%、女性で19%と、女性が男性の約2.5倍となっています。

介護職男女別の就業率

 20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60歳以上
男性24.5%34.8%18.7%10.7%8.6%
女性9.7%17.9%25%25.6%19%

出典 介護労働安定センター

60代職種別の就業率

60代男女の就業率を特に介護職員と訪問介護員についてみると、介護職員では12.0%、訪問介護員では31.6%でした。

介護職員の各年代別での就業率では60代は最下位となってますが、訪問介護員では就業率が1番高く、60代で活躍している訪問介護職員が多いことがわかります。

介護職業別の就業率

 20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60歳以上
介護職員19.0%24.0%22.4%19.7%12.0%
訪問介護員4.4%11.5%22.9%27.5%31.6%

出典 介護労働安定センター

60代が介護職で働くメリット

スキルアップの機会を得られる

まだ現役で働けるといっても、他の業界では60代から昇格する機会はほぼありません。

しかし、介護職の場合は年齢にかかわらず、資格取得をしていって正社員になり、管理者などを目指すことも可能ですし、中には実務経験を積んで必要な資格を取ったあと、自分で介護事業を立ち上げるという方もいて、この年代から新たにスキルアップを目指せるのはメリットです。

人生経験を生かせる

これまで職場や家庭で培ってきた仕事や作業スキル、または対人スキルなど、人生経験を仕事に生かせるのもメリットです。

60代ではすでに親の介護を終えたという人も少なくありませんが、そんな中で感じた「こうした方がよかった」という改善点や、「これは喜んでもらえた」という貴重な経験も、仕事の場で役立てられます。

安心感を持ってもらえる

他の年代の職員よりも、利用者と年齢が近いので共通の話題が多く、利用者には分かり合える安心感を持ってもらえます。

昔の歌や映画など知っているものが同じ、という些細なことでも、高齢者にとっては嬉しいものですし、近しく感じる人とは信頼関係も作りやすくなります。

信頼感があれば意思の疎通もスムーズになって介護もしやすく、利用者と介護者、お互いにとってメリットになります。

60代が介護職で働くデメリット

体力的につらい

60代になると体力の衰えは否めませんが、他の年代の職員と同様に仕事をしなければならないので、その点はデメリットになります。

疲れを溜めないよう健康管理をしっかりする、無理のない短時間勤務を選ぶなど、つらさを軽減する働き方の工夫が必要です。

記憶力や理解力の不安

体力的な問題と同様に、60代では知識・理解についても、若い年代の人よりも記憶力や理解の速さで遅れを取ってしまうところがあります。

介護職には技術とともに、介護保険法などの制度や、認知症を始めとする高齢者の疾病に関する知識なども必要になりますが、新たに勉強する場合も覚えにくい、また一度学んでも忘れてしまいやすく、努力が必要な点はデメリットでしょう。

パソコン操作が必要

介護職員は介護が仕事ですが、利用者の介護記録や報告書の作成など、パソコンを使う場面も多くあります。

60代は、若い年代に比べパソコンに苦手意識を持つ人も多く、触ったことも無いという人もいて、データ管理や操作を一から覚えなければいけないのが、60代にとってはデメリットといえます。

逆にパソコンが得意な方は重宝される存在になるでしょう。

60代未経験で介護転職を成功させる4つのポイント

ポイント

意欲や適性があること

無資格・未経験だとしても、どんな仕事をするかは面接に臨む前に調べて知っておきましょう。

他よりも就職しやすいといわれる介護職ですが、高齢者の命や生活を支える仕事であり、未経験者・新人であっても自覚や責任は求められます。

仕事の内容を理解したうえで、人と接することが好き、やりがいのある仕事をしたい、など介護に対して意欲が持てることや、自分に適性があると思えることが、転職にはまず大事なポイントとなります。

業務内容を知ること

「介護」と言ってまず思い浮かべる入浴や排せつの介助などの身体介護は、資格がなければ行えないので、無資格の場合は入った後で働きながら基本の資格を取るというのが一般的です。

無資格の間は介護補助または介護助手という形で、他の職員の手伝いや準備・清掃などのみを行います。

施設や事業所の種類により業務にも違いがあり、24時間稼働している入居型の施設では、夜勤もありますし、通所型の施設や事業所では朝夕の利用者の送迎、自宅に行って介護を行う訪問介護では調理や掃除、洗濯などの生活援助も行います。 業務内容を知って、自分の得意なことが含まれるものを選ぶと、仕事も覚えやすいでしょう。

勤務時間を選ぶ

入居型の施設では昼夜交替制の勤務、デイサービスだと日勤のみ、訪問介護は時間で作業が区切られて短時間勤務も可能というように、施設の種類によって勤務時間や勤務形態も色々あるので、自分の生活に合った働き方を選びましょう。

シニアを採用している施設では、夜勤がなく短時間勤務が可能なところもありますし、体力に自信があればフルタイムで勤務できる施設もあります。

資格取得しておく

施設によっては資格取得の補助制度があり、転職後に資格取得をさせてくれるところもありますが、実際の業務をしながら勉強するのは60代では大変かもしれません。

時間・金銭的に余裕があれば、転職活動の前に介護職の基本資格である「介護職員初任者研修資格」を取っておくことをおすすめします。

この資格は130時間の講習受講で取得できる資格で、介護に関する知識を一通り学ぶので、転職後もスムーズに業務に入れますし、取得すれば給与も無資格の人よりも若干高くなります。

講習を実施しているスクールによって異なりますが、期間は早くてひと月、一般的には3か月程度で、費用は5万円~10万円くらいです。

60代未経験で介護に転職する3つの注意点

注意点

無理のない勤務を

勤務時間や業務内容は、自分の体力も考慮して無理なく続けられるように選びましょう。 直ぐにからだを壊して辞めるとなれば、せっかく採用してくれた職場にも迷惑をかけることになります。

体力的に不安があるなら、短時間勤務から経験してみて慣れたらシフトを増やしてもらうとか、デイサービスの送迎業務など体力的な負担があまりない業務を選ぶようにしましょう。

以前のキャリアにこだわりすぎない

まだまだ現役で働ける上に時間の融通が利く60代は、即戦力として歓迎される一方、この年代の男性職員はあまり採らないという雇用側の声もあります。

これは、壮年期の男性すべてというわけではないのですが、中には前職よりも介護職を下に見ていたり面接に来ても前職の成果ばかりを話すなど、自己中心的な傾向の人がみられるのが理由です。 未経験で転職するのですから、新たな職場で一から学ぶ、利用者のために働く、という意識が大切です。

職場に溶け込む努力

介護はひとりひとりで作業しているように見えても、チームで働くことが多く、利用者に関する情報の共有や職員同士の協力が欠かせません。

普段からコミュニケーションをはかり、意思疎通をスムーズにしておくことも大事な仕事です。 特に男性の場合、女性の多い職場環境になり、先輩職員が女性や年下であることも多いはずですが、これまでと全く違った状況に興味を持ち楽しむように心がけると、人間関係もうまくいくでしょう。

介護職の資格の種類

介護職の代表的な3つの資格をご紹介します。

  • 介護職員初任者研修
    介護職の基本になる資格で未経験・無資格で介護職を始めたら最初に目指すのがこの資格です。この資格を持つことで、無資格ではできなかった身体介護を行えるようになります
  • 実務者研修
    介護初任者研修の一つ上の資格です。この資格を持つことでサービス提供責任者として働くことができます
  • 介護福祉士
    上位資格であるこの資格は、介護職の中では唯一の国家資格となっています

そのほか介護の資格はまだまだたくさんありますのでご覧ください。

介護職の施設の種類

介護の施設・事業所には次のようなものがあります。

介護の仕事は職場によってそれぞれメリット・デメリットがありますので、仕事内容や一日の流れ、給料などをチェックしてみましょう。

介護施設一覧
高齢者施設特別養護老人ホーム(特養)
介護老人保健施設(老健)
・介護療養型医療施設
サービス付き高齢者向け住宅
介護付有料老人ホーム
認知症対応型グループホーム
通所型事業所デイサービス(通所介護)
小規模多機能型居宅介護
訪問介護事業所訪問介護
障害者施設障害者施設

おわりに

定年を迎えても嘱託や再雇用という形で雇用する職場が多く、年齢にかかわらず働き続けられるのが介護職の良いところです。

70歳を過ぎて現役介護職員として元気に働いている人もいるのは、社会に出ることで気力や体力を保てているからかもしれません。 これまでのキャリアとはまた違った生きがいや、やりがいを見出せる仕事ですから、迷っている方は一度チャレンジしてはいかがでしょうか。

▼転職エージェントに無料相談でホワイト企業に転職できる!
必見!介護・福祉業界で転職をお考えの方

求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い!
人間関係の良い職場へ転職できる!
相談から転職まで利用は全て無料!
さらに無料で資格取得もできる!
未経験・無資格でも働ける職場が見つかる!
自分の条件に合った職場に就ける!

▼元・介護職員が選んだ人気の異業種がわかる!
介護職を辞めたい方、必見!おすすめ異業種15選

人気の異業種がすぐわかる!
介護より待遇の良い職場が見つかる!
年収が1.5倍以上増える!
決まった休日が取れる!
ストレスから解放される!
人間関係の良い職場に転職できる!
将来性のある職場が見つかる!
自分の条件に合った職場がある!

転職マニュアル・ノウハウ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
介護の123
タイトルとURLをコピーしました