【保存版】運転免許の自主返納をするための6ステップ【完全ガイド】

運転免許自主返納するための完全ガイド自動車

近年、高齢者の事故がニュースで目立つようになり、それに伴い運転免許を自主返納される方も年々急増しています。

実際、自主返納をしようと思ってもどうすればいいのか手順がわからない方も多いかと思います。

ここでは、誰でも自主返納できるように5つのステップに分けて運転免許を自主返納するための手順をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【STEP1】運転免許自主返納のメリット・デメリット

運転免許自主返納の大まかな概要を知るためには最初にメリット・デメリットを確認しましょう。

自主返納には良いことばかりではなく、悪いことも存在します。

ここで書いてあるデメリットをクリアできれば自主返納をしても問題ないと言えるでしょう。

 

【STEP2】返納後の生活を考える

実際に車が無くなったことを想定して、車の無い生活でもやっていけるのかを考えます。

つまり【STEP1】であげたデメリットの対処法になります。

買い物や通院などに車を利用されていた方は代替え案を参考にしてみてください。

 

【STEP3】返納に向けて親を説得させる

高齢の親の運転が危なくなってきたときに子供はなかなか言いづらかったり言っても聞いてくれないケースが多いです。

お互いが気持ちよくスムーズに運転免許を返納できるポイントをご紹介します。

ご自身で自主返納される方は【STEP4】に読み進めてください。

 

【STEP4】自主返納の手続き方法

いよいよ自主返納します。

申請時の持ち物や申請場所、申請方法を解説します。こちらで解説している方法通りに行えば誰でも自主返納をすることが可能です。

申請時に注意点がありますので必ず確認しましょう。

 

【STEP5】運転経歴証明書を発行してもらう

自主返納の手続きを終えたら、次は運転経歴証明書を発行してもらいましょう。

運転経歴証明書は証明書として利用できるほか、お住まいの都道府県にて運転免許返納特典がもらえます。

申請できない場合がありますので注意が必要です。

 

【STEP6】自主返納の特典をもらう

運転経歴証明書を提示することでお住まいの地域の返納特典を受け取ることができます。

おもにバス、タクシー、スーパー、商店街などさまざまな割引特典がありますので返納後の生活に役立つでしょう。

地域によって特典内容は異なりますのでご自身の地域の特典を確認してみてください。

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
スポンサーリンク
介護の123
タイトルとURLをコピーしました