介護助手とは?無資格でも働けるけど大変?気になる給料を解説

慢性的な人手不足が叫ばれている介護の現場では、有資格者だけではなく、未経験者や資格取得を目指して勉強中という人も多く採用され働いています。

中でも介護助手は、介護の仕事が初めて、または介護資格を持っていないという人も雇用される就職しやすい職種です。
今回は、この介護助手の仕事について、その仕事内容や就職先についても詳しく解説していきます。

介護助手とは

無資格でも可能な介護職員を補助する仕事

介護助手とは、介護補助員または介護補助職ともよばれ、老人ホームなどの介護施設や病院において入所または入院している高齢者の手助けをする、資格が無い人にもできる介護職です。

介護の仕事には排せつや入浴の介助、口腔ケア、食事介助などがありますが、これらの被介護者に直接触れる仕事は無資格では行うことができないので、介護助手は資格を持っている介護職員が本来の業務に専念できるようにサポートする役割を持っています。

「看護助手」と「介護助手」の違い

一般的に、介護職で働いている資格を持たない職員を指して介護助手と呼んでいます。良く似た名称の仕事に「看護助手」がありますが、これは看護師のサポートが業務で、病院、療養施設などの医療現場で働く仕事になります。

看護助手は介護助手と同様に無資格でできる仕事で、医療機器の準備や片付け、患者の身の回りの世話を行い、看護師のような医療行為は行いません。

介護助手と看護助手の仕事には重なる部分も多くあり、ふたつの職種を明確に区別していない場合もあるようです。

また、介護の有資格者が病院で看護助手として働くこともあり、その場合は有資格の介護職員同様に入院患者の排せつ介助や体位交換など、身体介護も行います。

仕事内容

身体介護以外の業務が介護助手の仕事になりますが、厚生労働省資料に掲載されている「三重県老人保健施設協会による分類」では次の3つに分類されています。

【Aクラス】一定程度の専門的知識・技術・経験を要する比較的高度な業務

分類のAクラスでは、具体的に認知症の方への対応や見守り、話し相手、趣味やレクリエーション活動の手伝い等となります。

認知症の方への対応は、この病気に関する知識とそれに基づいた適切な接し方が必要になることと、ひとりひとり性格も進行度も異なる認知症の方それぞれに適した対応が求められることから、専門的な知識を要する比較的高度な業務とされています。

自治体等でも認知症介護基礎研修、認知症介護実践者等養成研修といった専門的な研修を行い、介護従事者の技能・知識アップに取り組んでいるところが多くあります。

その他、話し相手やレクリエーション活動も、単なる楽しみだけのものではなく、高齢者の意欲を引き出し、より日常生活の質を高めるためには、技術や経験が必要とされます。

業務内容
起床介護
  • 更衣見守り
  • 誘導
    (居室→食堂→トイレ)
  • 起床のお手伝い
    (認知症の方への対応)
  • 義歯装着
    (自分で着脱できる方へ)
  • 整髪・整容など
食事介護
  • 食堂内での見守り
    (食べる事へ の声掛け)
  • 入所者の誘導
    (居室から食事席)など
入浴介護
  • 移乗介助時等に二人介助が
    必要な場合の補助
    (転倒しないように支える)
  • 浴室への誘導
    (声掛け)
  • ドライヤーかけ
    (お話し相手)など
入退所作業
  • 入退所持の荷物チェック
    (対象者リスト)
  • 新規入所者の受け入れ準備
    用具・書類整備
  • 居室入口、トールBOX
    私物庫チェック
日中作業
  • フロア内での見守り介助
  • レクリエーション準備・補助
  • 認知症の方への対応
    お話し相手、一緒にお散歩
  • 趣味活動のお手伝い
    (園芸・囲碁将棋・手芸・歌など)

【Bクラス】短期間の研修で習得可能な専門的知識・技術が必要となる業務

研修などを通して学ぶことでできる仕事がBクラスに分類されていて「ADL(日常生活動作)に応じたベットメイキングや食事の配膳時の注意」などがこれに当たるとされています。

ADLとは、決まった時間の起床、洗顔や着替え、排せつ、入浴、歩行など、日常生活の中で行う動作のことで、どの程度自立した生活ができているかの指標になるものです。

運動項目と認知項目に分かれた評価スケールによって採点・評価し、点数が高ければ自立度が高い(介護の必要性が低い)ということになります。

お世話のし過ぎで自立を妨げたりADLが低下するのを防ぐためにも、状態に応じた適切な援助をするにはある程度の知識・技術が必要なので、こうした仕事がBクラスに分類されているのです。

このような業務を学べる研修は、自治体が主催し社会福祉法人などが協力して行われることが多く、介護人材の育成に役立てられています。

業務内容
起床介護
  • 衣類の準備
    (本人と一緒に衣類を選ぶ等)
  • 水分補給の準備
    (対象者リスト を用いて)
  • 義歯の洗浄など
食事介護
  • 配茶
    (トロミ茶、茶ゼリー含む)
  • エプロン着用
  • 配膳・下膳
    (対象者リスト、食べ残し分の確認)
  • トロミ茶、お茶ゼリー作り
    (対象者リスト)
入浴介護
  • 入浴衣類の準備
    (対象者リスト)
  • 入浴後の衣類返しなど
入退所作業
  • ベッドメイキング
    (ネームプレート回収等)
  • ベッド柵・クッション類の交換
    (ADLに応じ)
  • おむつ類の補充
    (対象者リスト)
日中作業
  • 車椅子清掃・空気入れ
  • 定期シーツ交換
  • 配茶
    (容器の回収・洗浄・消毒 等)
  • パジャマ交換など

【Cクラス】専門的な知識・技術がなくてもできる業務

業務の手順をマニュアル化、パターン化をすることで、特に知識や技術が無くても可能な仕事(居室・病室の清掃や片付け、必要な備品の準備など)がCクラスに分類されています。

業務内容
起床介護
  • ポータブルトイレ・尿器等の洗浄
    片づけ、設置
  • フロア換気など環境整備など
食事介護
  • エプロンかけ、自助具の用意
    おしぼり配り
  • テーブルの名札
    足置きの回収
  • ③配膳台車の返却
  • テーブル拭き・食後床清掃など
入浴介護
  • 風呂場の清掃
  • 風呂に湯を張る
  • 物品補充(シャンプー、石鹸等)
  • タオル類の洗濯・乾燥・片づけ
入退所作業
  • 居室ベッド周りの清掃
  • 退所後のシーツ剥ぎ
    洗濯場へ回収
  • おむつ類・施設用具の回収
    (対象者リスト)
日中作業
  • 居室・フロア内の清掃
    ゴミ回収
  • ポータブルトイレ清掃・消毒
  • 各種物品補充&補修
  • 各種必要書類の整理など

働き先

介護助手の働き先は介護施設から病院まで多肢に渡ります。

働き先一覧

通所型の介護事業所から入居施設まで、ほとんどの介護施設が介護助手の職場になります。他には精神科や整形外科などの病院・医療機関でも介護助手が勤務することがあります。

病院と介護施設の違い

介護施設との違いは、対象が入院患者であることと、介護施設が利用者の自立や機能回復を促し生活の質を上げることを目的とするのに対し、病院は治療や回復を目的としていることですが、介護助手の仕事の内容は、介護施設での業務とさほど違いは無いと思われます。

どちらの場合も、求人には「介護助手」と記載されていることもありますが「未経験・資格なしでも可」という形の「介護職員」という名称で募集されているケースが一般的です。

また、病院では「看護助手」という募集が多く、介護助手と明確に区別していない場合もあるようです。

介護助手になるには

資格は必要ないため、応募し採用されればすぐに介護助手として勤務することができます。

勤務先が、複数の利用者宅へ移動する必要のある訪問介護や、利用者の送迎を行うデイサービス等なら、運転免許は必要とされる場合もあります。

必要資格要件

介護助手は年齢にかかわらず無資格で働ける仕事です。

しかし、中には資格を持っていても、生活に合った短時間勤務を希望するなどの理由で、介護助手として働く人もいますし、資格を取っていない人もやはり最低限の介護の知識は持っていた方が、スムーズに仕事に入ることができるでしょう。

介護でどのような仕事がどんな流れで行われるかがわかっていれば、実際に介護を行っている職員の仕事を、より適切に補助できるからです。

介護助手のための研修とは

介護助手の研修として2018年4月に国によって導入された介護入門研修は、60歳以上のシニアを対象としたもので、2019年3月までに16都府県で行われる予定です。

これは、介護人材の確保と介護予防のため、元気な高齢者に介護助手として働いてもらうという国の施策によるもので、多くは研修費も無料です。

こうした研修は資格取得のように何か月もかかるものではなく、長くて1週間、短ければ1日という短期間で、モデル事業に協力している施設等で職場体験などもできるという取り組みですから、参加しやすく介護の基礎を身につけることができます

他にもシニアという年代に限らず、自治体が地域の介護施設等と協力し行っている研修もありますので、介護助手での就職を考えている人は一度自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

個人で学ぶ場合は、介護の知識や技術を学べる民間の通信講座などもあります。

介護助手の給与相場

平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要の、介護職全体の平均給与額(月給・常勤の者、保有資格別)によると、介護職全体の平均給与額が29万7,450円のところ「保有資格あり」は29万9,850円で、介護助手に当てはまる「資格なし」の職員では平均26万0,560円となっています。

介護助手の給与相場

介護助手の求人情報例

求人情報では「60代のスタッフも活躍しています」といったメッセージも多く、時給は地域や各事業所によって、かなり差があると思われます。

求人情報の例
時給900円~1,500円
勤務時間9:00~17:00
勤務日数週2回~
応募資格無資格OK
実務経験未経験OK

介護職員の給与は、資格手当や夜勤手当などに寄るところが大きいので、介護助手勤務をきっかけにして資格を取得しスキルアップしていった方が、給与面でも満足のいく待遇を得られるでしょう。

介護助手のメリット

未経験でも始めやすい

介護職員の募集求人を見ると、多くは介護職員初任者研修修了が条件になっています。

しかし介護の基本資格である初任者研修でも、資格を取るには130時間が必要で、時間もお金もかかるため、本当に介護職が自分に向いているのか、働いて行けるのかと迷っている人は、資格取得へのチャレンジを躊躇してしまうことでしょう。

介護助手はその点、無資格で始められるので、未経験だけれど介護職に挑戦したいという人には最適です。

実際に介護職を経験してみて、よりキャリアアップして勤めたいという思いになれば、職場の制度等を利用して資格取得をすることも可能です。

肉体的・心理的な負担が少ない

高齢者のために働きたい、という志を持って介護職に就こうという人にとっても、排せつや入浴の介助など、慣れない身体介護があるということには、多少の不安や抵抗を感じるのではないでしょうか。

しかし、無資格の介護助手は、被介護者に直接触れる身体介護をしてはいけないと決まっているので、それらの業務はなく、それに伴う肉体的・精神的な負担も少ないので、初心者にも働きやすいのがメリットです。

短時間勤務も可能

介護助手の仕事は短時間でのパート・アルバイト勤務も多く、働きたいけれどフルタイムは体力的にも難しいというシニアの方や、夜勤や長時間勤務ができない子育て中の方にも働きやすいのが良い点です。

介護助手のデメリット

給与が安い

一般に有資格者に比べて、無資格の介護助手は資格手当等もないため、給与は安くなります。仕事内容や拘束時間を考えると、給与額が仕事に見合っていないと感じる介護助手も多いようで、それがデメリットといえるでしょう。

責任は有資格者と同じ

有料老人ホームや特別養護老人ホーム、老人保健施設など、入居型の施設などでは、有資格の職員と同じように夜勤もあります。

身体介護はないものの、高齢者の命を預かる仕事ですから、有資格者とも同様の責任感が求められ、それを負担と感じる人も。

やりがいが見出しにくいことも

介護助手は、清掃やベッドメイクなど単調で裏方のような仕事が多く、被介護者と接する仕事が多い有資格者と比べると、雑用ばかりでやりがいが見いだせないと感じることもあるようです。

介護助手に向いている人

明るく素直な人

介護職員の仕事を支える介護助手は、他の職員の指示で動くことも多く、お互いによくコミュニケーションを取ることがスムーズな仕事には大切な要素です。

素直に人の話や指示を聞ける人、明るい人は周囲とも協調できますし、高齢者にも好かれやすく、介護助手には向いているでしょう。 

責任感の強い人

資格を持った職員も無資格の介護助手も、入居者や利用者にとっては日常生活に関わってくれる職員に変わりなく、頼れる存在でもあります。

時には裏方のような仕事もありますが、高齢者を支えるという自覚を持って仕事をできる、責任感の強い人には向いている仕事です。

真面目な人

介護助手の仕事には、清掃や片付けなど一見雑用のようなものも多いのですが、そうした仕事も高齢者の日常を支え、安心・安全・健康に生活するために役立っている大切な仕事です。単調な仕事も丁寧に行える真面目な人に向いています。

介護助手に向いていない人

自分本位な人

介護助手は資格を持つ介護職員と共に働いて、彼らの仕事をサポートをする役割があり、自分よりも年下の介護職員の指示や指導で業務を行うこともあります。

積極的に自ら動くことは悪いことではありませんが、介護の仕事には協力や連携も重要です。

周りからの指示やアドバイスを聞けない人、利用者や同僚とコミュニュケーションを取らず、自分の判断やペースを優先して仕事をする人は、必要なチームワークを乱してしまうので向いていないといえます。

イライラしやすく感情的な人

高齢者のゆっくりとした動作や、認知症などを患っている方の理解できない言動などには、ついイライラしたり、腹が立ってしまうこともありますが、理解し対応を変えることで、解決することも多くあります。

利用者に寄り添う気持ちが持てない、直ぐにキレてしまうような人には向いていません。

向上心の無い人

介護助手は資格の要らない仕事ではありますが、全く何も知らなくていい、というわけではありません。

介護のことや、認知症のこと、病院で働く場合は医療のことについても、覚えることはたくさんあります。働きながら仕事について知識を増やしていこう、という意欲が無い人には、続けていくのが難しいかもしれません。

おわりに

年齢や経験・資格の有無にかかわらず、就職できる介護助手の仕事は、幅広い年代の人が働き、ここからスキルアップして介護職を極めていく人もたくさんいます。

介護の仕事に興味があるけれどできるかどうか不安というかたは、短時間のパート・アルバイト募集も多くある介護助手の仕事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

▼転職エージェントに無料相談でホワイト企業に転職できる!
必見!介護・福祉業界で転職をお考えの方

求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い!
人間関係の良い職場へ転職できる!
相談から転職まで利用は全て無料!
さらに無料で資格取得もできる!
未経験・無資格でも働ける職場が見つかる!
自分の条件に合った職場に就ける!

▼元・介護職員が選んだ人気の異業種がわかる!
介護職を辞めたい方、必見!おすすめ異業種15選

人気の異業種がすぐわかる!
介護より待遇の良い職場が見つかる!
年収が1.5倍以上増える!
決まった休日が取れる!
ストレスから解放される!
人間関係の良い職場に転職できる!
将来性のある職場が見つかる!
自分の条件に合った職場がある!

介護の職種
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
介護の123