特養の仕事がきつい・大変だし辛いので辞めたい|おすすめ転職先3選

特別養護老人ホーム辞めたい

どの仕事でも就職したばかりの時は、余裕もなく辛く感じるものですが、介護の仕事も特に未経験から始めた人は、多忙な業務の中で覚えることも多く、仕事が辛いと感じることも多いでしょう。

大抵は3か月も経つと仕事の流れも掴めて、徐々に面白さややりがいも見出せるようになってくるものです。しかし、しばらく頑張って勤めても「辞めたい」という気持ちが増してくるなど、本当に「合わない」と感じるなら思い切って転職した方がいい場合もあります。

今回は、特別養護老人ホームを辞めたいと考えている人の、辞めたい理由とその後の転職について考えてみたいと思います。

特別養護老人ホームを辞めたい8つの理由

特養で働いているスタッフが「辞めたい」と考えるのは、どんな理由によるのでしょうか。
特養に勤務する介護スタッフの口コミ等から調べてみました。

その① 人間関係の悩み

人間関係の悩みはあらゆる職場につきものですが、介護施設の場合は上司や同僚との人間関係の他、入居者やその家族など、仕事で日常的に関わる人が多いので、その分悩むことも多いかもしれません。

業務に追われた状態ではスタッフ同士も精神的な余裕がなくなり、ぶつかってしまったり、ずっと利用者の様子を見ているわけではないご家族には現場の方針や苦労を理解してもらえないことも多く、こうした人間関係のストレスが重なると、耐えられずに辞める選択をすることに。

その② 身体的負担

特養は要介護度の高い入居者も多く身体介助が常に必要になるため、ベッドから車いすへの移乗や、入浴や排せつ時の介助など、体力的につらい仕事が多くなります。

仕事によって足腰を痛めるスタッフも多く、そのような身体的負担の大変さが理由で辞めたいと思う人は多くいます。

その③ やりがいが感じられない

介護職に就く人の多くは、ひとのために役立ちたい、という気持ちを持って仕事を始めたと思いますが、特養には要介護度の高い人が多く、会話での意思疎通が難しいことも多くあります。

会話でコミュニケーションができない、話しかけても反応が薄いと、介助もどうしても流れ作業のようになってしまいます。

そのような状態だと、役に立っているという実感が薄く、やりがいを見失って辞めたい、という気持ちになってしまいます。

その④ 夜勤が辛い

特養も入居型の施設ですから夜勤があり、その夜間の人員配置基準は入居者25名につきスタッフ1名となっています。老健が20名につき1名、グループホームや小規模多機能はそれぞれ9名につき1名ですから、特養の夜勤ではかなり多くの入居者をひとりで担当しなければならないことがわかります。

また夜勤と日勤の交替制勤務であることがほとんどなので、シフトの入り方によっては、公休日に生活リズムの崩れが回復できず体力的に辛いので、夜勤の無い仕事に転職したい、と考えるスタッフも。

その⑤ 待遇の悪さ

身体介助が多く、夜勤もあるという比較的ハードな業務なのですが、介護スタッフのお給料はそれに見合った額といえないのが現状です。

施設によって手当額や基本給にもかなり差があること、恒常的に人員不足の職場なので、休暇等が取りづらいことも辞めたい理由に挙げられます。

その⑥ 精神的な負担

要介護度の高い入居者がいる施設では、入居者が亡くなるという場面に遭遇することもめずらしくありません。

しかし、これまであまり人の死に接したことが無い若いスタッフだと、担当している入居者が亡くなった時、大きな精神的負担を感じて、仕事を続けられなくなって辞めてしまうこともあるようです。

その⑦ ライフスタイルの変化

24時間を通して入居者のお世話をする特養での介護の仕事は、勤務時間も長く夜勤もあります。

特に女性の場合、結婚や妊娠・出産などでライフスタイルに変化があった時、これまで通りの勤務は時間的・体力的にも両立できないことが多く、それをきっかけに他業種やデイサービスなど日勤でできるパートに転職という例がみられます。

その⑧ 職場環境が悪い

イジメやハラスメントがあったり、利用者への虐待あるいは利用者からの暴力などが横行していたり、経営側がそれらの問題や環境を改善する意識が低いなど、明らかに問題がある、いわゆるブラックな施設もあります。
その場合は辞めたくなるのが当然ですし、辞めるべきでしょう。

辞めれない時は「退職代行サービス」がおすすめ

退職代行サービスとは、退職の意思を会社へ伝えられずに困っている方の代わりに代行してくれるサービスです。上司に退職の話ができない、退職を切り出しても聞いてもらえないなど、退職ができずにいる方におすすめです。

退職代行サービスを利用することで退職がスムーズに進んだ方も多いようですが、選ぶサービス業者によって料金は変わります。料金(費用)は約3万円~5万円程度の業者が多く、オプション費用や追加料金などが発生する場合もあります。成功率やサービス内容なども含めしっかりと確認しておきましょう。

退職代行業者に依頼

「退職代行Jobs」は成功率が高く、料金も職業に関係なく一律なので利用しやすいでしょう。年中無休・24時間対応で相談も受け付けています。即日退職や郵送で手続きを行い退職することもできるため、上司に合わずにスムーズに退職することが可能です。

料金(費用)は一律29,800円(税込み)で追加料金は一切なく、各種クレジットカードの利用もできます。もしも退職できなかった場合でも全額返金保証もありますし、人材紹介会社とも提携していますので退職後は無料転職サポートも行っています。また退職完了まで、無料・回数無制限で勤務先への連絡も対応してくれます。

  • 顧問弁護士監修
  • 料金29,800円(税込)
  • 電話・LINE・メール無料相談
  • 即日退職可能
  • 全額返金保証付き
退職代行Jobsはこちら

弁護士に依頼

「確実に退職したい」「会社への請求や交渉方法がわからない」など、退職を伝える以外にも悩んでいることがある場合は、弁護士に依頼してましょう。

会社に退職の話を伝えてくれるだけではなく、本人に代わって交渉や手続き、退職届の提出代理なども行ってくれます。

「もしも損害賠償請求されたらどうしよう」「今後のことも考えて円満退社したい」など一人で悩んでいるなら、弁護士に相談することも選択肢に入れてください。

弁護士法人みやび

  • 料金54,000円(税込)
  • 電話・LINE・メール無料相談
  • 即日退職可能
  • 未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
  • 成功報酬 経済的利益の20%
弁護士に退職代行を依頼する

特別養護老人ホームからのおすすめ転職先3選

特養を辞める人に向いている転職先は、以下のようなところがおすすめです。

デイサービス

デイサービスの特養との一番の違いは、夜勤が無く日勤だけの勤務であることです。

夜勤がある交替制の勤務を辛く感じていた人には、その点を解消できますし、また特養に比べてデイサービスは、比較的介護度の低い元気な方が利用しているので介助の体力的な負担も少なく、会話やレクなどで人と接することが得意という人にも、特養よりやりがいを見出せる職場といえます。

訪問介護

家事や育児との両立に悩んでいた場合に、おすすめの転職先が訪問介護です。

訪問介護は、利用者宅に訪問して業務をする時間が30分、45分、60分など細かく区分され決められているので、パートなどの短時間でも勤務しやすい介護職で、たくさんの入居者の介護を次々に行う特養と比べて、ひとりひとりに合わせたケアを行えることもやりがいにつながります。

もちろん日勤のみで残業もないことから、自分の生活に合わせた働き方が可能になります。

他職種への転職

介護職の中で、違う職種に転職するという方法もあります。

例えば、生活相談員という仕事は、特養のほか、多くの介護施設や事業所に勤務しますが、基本的に日勤のみの勤務で、デスクワークになります。(中には介護スタッフとの兼任というところもあるので、注意が必要です)

施設の入居についてや生活の中の悩み事など、利用者とその家族にとって頼りになる存在の生活相談員は、介護スタッフと違った形で高齢者を支える仕事です。

おわりに

特養を辞めたい、という人に向けた今回の記事を読んで、転職の決心を固めたというひとも、中にはいるかもしれませんね。
仕事は楽しいばかりではありませんが、辛い苦しいばかりではやはり続かないものです。
この記事を、より良い職場や環境で生き生きと働くための、きっかけにしていただけると幸いです。

▼転職エージェントに無料相談でホワイト企業に転職できる!
必見!介護・福祉業界で転職をお考えの方

求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い!
人間関係の良い職場へ転職できる!
相談から転職まで利用は全て無料!
さらに無料で資格取得もできる!
未経験・無資格でも働ける職場が見つかる!
自分の条件に合った職場に就ける!

▼元・介護職員が選んだ人気の異業種がわかる!
介護職を辞めたい方、必見!おすすめ異業種15選

人気の異業種がすぐわかる!
介護より待遇の良い職場が見つかる!
年収が1.5倍以上増える!
決まった休日が取れる!
ストレスから解放される!
人間関係の良い職場に転職できる!
将来性のある職場が見つかる!
自分の条件に合った職場がある!

介護職員の悩み
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
介護の123
タイトルとURLをコピーしました