運転免許の自主返納をする前に知っておくべき4つのメリット・メリット

運転免許自主返納のメリット・デメリット自動車

近年、高齢化が急速に進むと同時に高齢者の交通事故が目立つようになってきました。

またそれに伴い運転免許を自主返納される高齢者の方が急増しています。

自主返納をすることで車などを運転する資格は無くなってしまいますが、はたしてメリットとデメリットはどうなのか?

これから免許の自主返納をお考えの方にわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

運転免許を自主返納する4つのデメリット

病院やスーパーが遠くなる

病院スーパーが遠い

車を手放すことで、今まで1人で行っていた「病院の受診」や「スーパーへ買い物」に行くのが困難になります。

公共交通機関が整っている都会はいいですが、田舎になればなるほど車が無いと非常に不便です。

足腰が悪く出掛けられない

足腰が悪く出掛けられない

今までは車があったのでなんとか病院やスーパーに行けていましたが、足腰が悪いと車が無くなることで歩いていくことができなくなります。

バスや地下鉄などインフラが整った地域ではなんとかなっても過疎地では生活していくだけで精一杯になります。

家族の負担が増す

認知症が進んでいたり、身体が痛く歩くことに支障がある場合、歩いていくのは難しく公共交通もほとんどないため、家族に頼らざるえません。

免許自主返納によって家族が病院に連れて行ったりするケースもあり家族の負担も増えます。

引きこもり判断能力が衰える

引きこもりになる

車を運転する機会がなくなることで外に行きたい意欲が無くなり、引きこもってしまう場合があります。

外出をせずに家に引きこもっていると認知機能が低下し、体力も一気に落ちていきます。さらに運転をやめることで判断力も欠如します。

そのため運転を自主返納を決める時には一緒に趣味なども見つけておきましょう。

スポンサーリンク

運転免許を自主返納する4つのメリット

 交通事故のリスクが減る

交通事故のリスクが減る

車を手放すことで交通事故を防ぐことができます。高齢者の交通事故は毎日のようにニュースで流れているため、いつ自分が加害者になるかわかりません。

加害者にならないためにも早めに自主返納をするメリットは大きいです。

また、車を運転しなくなることで家族も安心して生活をすることができるでしょう。

車の維持費が浮く

車の維持費が浮く

車が無くなると今までかかっていた車の維持費も無くなります。

では今までどれくらいの費用がかかっていたのか以下をご覧ください。

 軽自動車
660cc
ワゴンR
コンパクトカー
1500cc
アクア
SUV
2000cc
エクストレイル
自動車税10800円34,500円45,000円
重量税6,600円12,000円15,000円
車検50,000円50,000円60,000円
自賠責保険12,915円12,915円12,915円
任意保険40,000円50,000円50,000円
ガソリン代70,000円50,000円100,000円
駐車場代120,000円120,000円120,000円
2年間合計310,315円329,415円402,915円
1年間合計155,158円164,708円201,458円
1ヶ月合計12,930円13,726円16,788円

以外にもかなりのお金がかかっていたことがわかります。

この浮いた車の維持費をバスやタクシーなどの移動手段の費用や貯金、趣味、生活費に充てて生活をより充実させるのも良いでしょう。

運転経歴証明書で色々な特典を受けれる

免許返納特典

自主返納をする一番のメリットは、運転経歴証明書を発行してもらい、お住まいの地域の特典を受けれることです。

特典は一例ですがおもに以下になります。

  • バス・タクシーなど運賃割引
  • デパート・スーパーの割引
  • 商店街の割引
  • 銀行の金利優遇

など、特典の種類や数は各自治体によってことなりますのでお住まいの都道府県の特典を確認してみてください。

参考 運転免許自主返納の特典・優遇制度一覧

歩く機会が増えて健康になる

歩いて健康になる

足腰は丈夫でも車があると目的地が近場であっても歩かずに車に乗ってしまいます。

しかし、自主返納をして車を手放してしまうことで、健康な方であれば歩く機会が増えて以前の生活よりも健康になることが考えられます。

歩くことで今まで目に留まらなかったスーパー、ショッピングモール、公園、病院、公共施設などいろいろな発見があるでしょう。

おわりに

免許返納のメリット・デメリットはお住まいの地域によって変わってきたり、現在の環境や体調によっても大きく異なります。

そのため大切なのは、返納したあとどのようにして生活していくか?を家族と話し合い、不安や心配事を解決してから返納するようにしましょう。

次に読む記事はこちら↓

自動車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
スポンサーリンク
介護の123
タイトルとURLをコピーしました