ケアマネジャーの仕事が大変・辛いし辞めたい|おすすめ転職先3選

ケアマネ辞めたい

未経験や無資格から介護の仕事を始めた多くの人が、目標とするのがケアマネジャーです。

資格を取り経験を重ねてケアマネジャーになることは、スキルアップを目指した介護職員の最終到達点と言えるでしょう。

しかし、せっかく努力してつかんだケアマネジャーの仕事を辞めたい、と思うようなことが現場ではいろいろあるようです。

ケアマネジャーを辞めたいのはどんな原因によるものなのか、ケアマネジャーが退職する理由について調べてみました。

ケアマネジャーを辞めたい6つの理由

【1】業務量が多すぎる

ケアマネジャーの仕事といえばケアプラン作成だけで、介護スタッフに比べれば余裕があるように思えますが、実際はそうではありません。

  • 保険請求に関わる給付管理票やサービス提供票などを毎月決まった日付までに作成し提出
  • サービス担当者会議への出席とその開催のための連絡や調整
  • 利用者へのモニタリング訪問
  • 新規の相談や利用者と施設との調整など

施設のケアマネジャー(施設ケアマネ)居宅介護支援事業所のケアマネジャー(居宅ケアマネ)で仕事内容に多少違いはありますが、両者ともかなりの作業をこなしていく必要があります。

事業所によっては、ケアマネが生活相談員などを兼務していることもあり、その場合は相談業務のほか、窓口業務やクレーム対応なども加わってきます。
広すぎる業務とその多さが理由で、もうケアマネジャーは辞めたいという人は多いのです。

【2】身体的につらい

居宅ケアマネが作成するケアプランはひと月に30件くらいですが、訪問ヘルパーが急に休んだ場合には、代わって利用者宅に訪問することもありますし、面談やモニタリングでは利用者や家族の都合に合わせて、休日や夜間に訪問することもあります。

施設ケアマネはケアプランの作成が100件ほどある上、介護を兼務し夜勤をするケースも。

居宅ケアマネ、施設ケアマネともに、現場での介護業務はケアプラン作成などにも役に立ちますが、ケアマネジャーには毎日の事務仕事も多いので、兼務する業務量が増えれば、その分事務作業は滞り残業して処理することになります。

それが続くと、ただでさえ多い業務量に身体的にも負担が大きく、それがケアマネジャーを辞めたい理由になっています。

【3】給与が安い

何年も介護職を続けながら資格を取り、ケアマネジャーになる人も多くいますが、ケアマネジャーとしては新人なので、勤務年数が長かった介護職と比べて基本給が低く、給与額が以前より安くなってしまうこともあります。

施設ケアマネは他の職種と兼務することも多いので、その場合は手当や加算が加わり、ある程度の給与額を確保できますが、仕事の幅は広く多忙になってしまうので、今度は激務のわりには給与が安いと感じることになってしまいます。

【4】職場の人間関係

ケアマネジャーの仕事には、他の職種のスタッフとの連携が必要になりますが、思うようにいかないことも多くあります。

たとえば、サービス担当者会議ではケアマネジャーが中心的な立場で進めることが多いのですが、リハビリ担当や、医師や看護師など異なる職種の人々の意見を取り入れまとめていくのは、とくに若いケアマネジャーにはプレッシャーもあり難しいことです。

医療関係者に対して介護関係者はなかなか意見が言いにくい、というのも良くあることで、思い切って意見を言っても「何もわからないくせに」と逆に批判されたとか、ケアマネジャーはデスクワークが多いことから働いていないかのように思われ「自分でたてたプランなのだから自分でやればいい」など介護スタッフから八つ当たりをされた、という声も聞かれます。

多くのスタッフと関わり調整するケアマネジャーの仕事は、気苦労が絶えず精神的にハードで、辞めたいと考える人は多いのです。

【5】利用者との関係

退職したケアマネの担当を引き継いだという場合に、前のケアマネと過剰に比較されるという悩みもよくあります。

利用者とケアマネジャーが長い期間信頼関係にあったというケースだと、多少の比較は仕方ありませんが、毎回何をするにも批判が繰り返されたり、作成したプランに利用者の感情的な問題で納得してもらえない、となると業務に支障もあり大きな精神的ストレスにもなります。

【6】責任が重すぎる

介護保険に関する事務作業は、専門の事務職員がいない事業所ではケアマネジャーが行います。

毎月の介護報酬の請求事務は、事業所の運営にかかわる大切な仕事で、間違った請求をした場合は報酬を返還しなければなりませんし、監査や指導を受けることもあります。

毎月のモニタリングや必要なサービス担当者会議の未実施など、減算しなければならないところを見落として、長年に渡り満額請求していたことが不正請求とされた例では、事業所には行政処分が下され、ケアマネジャーは資格が取り消されたということもあります。

ケアマネジャーが一人しかいない事業所では、多忙な業務の中でこの責任の重い仕事を毎月確実に行う必要があり、そのプレッシャーがケアマネジャーを辞めたい理由になっています。

辞めれない時は「退職代行サービス」を利用

退職代行サービスとは、退職したいが自分では会社に伝えられない方のためのサービスです。引き留められたり、強く言われると断れない方が円満かつ確実に会社を辞めるためにお手伝いしてくれます。

費用の相場は3万円~5万円程度ですが、定額制や基本金額の他にオプション料金がかかるなどの場合もあります。退職の意志を伝えてもらうことで簡単に辞められる例も多いですが、追加料金などの話は、事前に確認しておきましょう。

退職代行業者に依頼

「退職代行Jobs」は24時間対応の退職代行サービスです。フリーダイヤル、年中無休で相談を受け付けています。「退職すると伝えたが話がすすまない」「即日に退職したい」といった場合に依頼すると、上司や会社の人間と一言も話すことなく、郵送で手続きを行い退職することが可能です。

料金は29,800円で、退職が完了するまで勤務先への連絡などは、回数無制限で対応してくれます。また、全額返金保証や無料の転職サポートがあるので安心でしょう。

  • 顧問弁護士監修
  • 料金29,800円(税込)
  • 電話・LINE・メール無料相談
  • 即日退職可能
  • 全額返金保証付き
退職代行Jobsはこちら

弁護士に依頼

引き止めがひどくて退職ができない場合や、未払いの残業代や有給休暇の消化など、自分一人では交渉が難しい案件がある場合は弁護士に依頼した方がいいでしょう。

退職代行サービスは、本人に代わり退職の意志を伝えてはくれますが、本人の代わりに交渉や手続きを行えるのは資格を持った弁護士だけです。

交渉が必要な場合は、退職の代行も含め初めから弁護士に相談する方が、二重に費用をかけないで済みますし安心でしょう。

弁護士法人みやび

  • 料金54,000円(税込)
  • 電話・LINE・メール無料相談
  • 即日退職可能
  • 未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
  • 成功報酬 経済的利益の20%
弁護士に退職代行を依頼する

ケアマネジャーのおすすめ転職先3選

前職に戻る

ケアマネジャーになるにあたり「看護師や歯科衛生士、助産師、作業療法士、理学療法士などの国家資格を持っていて、その業務で5年以上の実務経験がある」という要件で受験し資格取得した人は、前職に戻るというのが一番スムーズでおすすめです。

戻っても5年以上の経験があれば、新人とは異なりある程度の給与額も保証されるでしょう。

ケアマネジャー資格をとって介護職に転職するには、それぞれに理由も考えもあったはずですが、一度介護の現場を経験して得た知識や経験は、医療やリハビリなどの前職に戻っても役立てることができると思います。

介護スタッフ

前職が介護スタッフで、その現場に戻った、という例もケアマネジャーの転職では多くあります。

もともと介護の仕事が好きで続けてきた人にとっては、事務作業を含め広すぎる業務に忙殺されるケアマネジャーよりも、介護だけに集中できる介護スタッフのほうがやりがいも感じられるようです。

また、スタッフと利用者、その家族の板挟みになって悩んだり、調整に気を配ることもなく、気が楽になったという声もあり、伸び伸び働けるところがおすすめです。

一般事務

利用者や同僚にまつわる人間関係のストレスや、責任の重さによるプレッシャーに耐えられず転職を決めた人には、一般事務の仕事をおすすめします。

ケアマネジャーとして経験していたパソコン作業や事務処理能力は、一般企業でも生かすことができますし、仕事で関わる人間関係もケアマネジャーの時よりは単純になるので、ストレスやプレッシャーも減らすことができるでしょう。

また、夜勤や緊急の呼び出しなどもケアマネジャーにはありますが、一般職ではそれが全くなく、休日などプライベートの時間をきちんと取れるところも魅力です。

介護業界に比べると他産業の給与水準は高めですし、職場環境が整っていることが多いので、今よりも良い待遇になることも期待できます。

おわりに

介護サービスを提供するためには欠かせない仕事であるケアマネジャーは、介護保険に関する知識から、利用者や家族に対する細やかな配慮、コミュニュケーションやマネジメント能力まで、さまざまな高いスキルが求められますが、それに見合った仕事のしやすい環境や待遇がある職場は多くはないようです。

せっかく取得した資格なので、職場を変えて続けていくという選択もありますが、ケアマネジャーの仕事はもう無理、と感じているなら、他の職種に転職して、新たな場所で自分のスキルを生かすことを考えたほうが良いと思います。

▼転職エージェントに無料相談でホワイト企業に転職できる!
必見!介護・福祉業界で転職をお考えの方

求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い!
人間関係の良い職場へ転職できる!
相談から転職まで利用は全て無料!
さらに無料で資格取得もできる!
未経験・無資格でも働ける職場が見つかる!
自分の条件に合った職場に就ける!

▼元・介護職員が選んだ人気の異業種がわかる!
介護職を辞めたい方、必見!おすすめ異業種15選

人気の異業種がすぐわかる!
介護より待遇の良い職場が見つかる!
年収が1.5倍以上増える!
決まった休日が取れる!
ストレスから解放される!
人間関係の良い職場に転職できる!
将来性のある職場が見つかる!
自分の条件に合った職場がある!

介護職員の悩み
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
介護の123
タイトルとURLをコピーしました